FC2ブログ
06-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>08-

短編集 続き! その道の向う側には

2012-11-16
試合後とはいえ ペースメーカーとして並走したが



4分50秒は きつかった


自分でもあのタイムは 出せれるか自信がない


弱気になっていた・・・


そのはずだ 持って生まれたものではないのだ


努力の結果なのだから



冷静を装い
 


(よか走りやったろ タイムも縮めたし)




力なく





(・・・・・うん)




はっと われに返り 



おいが弱気じゃだめじゃないか  と思い




(相手にとって不足はなか 選手 選出はまだや 

抜けなくても 一矢報わないと 

最善を尽してから 負けを認めんば)



と自分に言い聞かすように はっぱをかけた


少し 経ってから


うつむき加減の顔を 上げる


たたみかけるように


(走ることは 自分との戦いや 

ゴール(選手 選出)まで何があるか わからん

だから あきらめるな)




自問自答 だった




なぜ 走るのか



なぜ・・・・



ランナーが 一度は思うこと


こんなに くるしいのに


(なぜ 走るのだろう)



その答えは



地位? 栄光? 名誉? 



そんなものじゃない



その後来る 18日後に


答えが 出るのかな・・・











つづく・・・
未分類 | コメント:(0) | トラックバック:(0)
コメント:

管理者のみに表示